上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肝心な流れ止めの制作方法を書いてませんでした。

流れ止めが無いと滑っててつらいだけじゃなく
とても危険です(笑)


流れ止めを取り付ける方法は
色んな方法が有りますが


合板でベースデッキを作る時の
1番シンプルな方法を紹介します。

ここでは4枚貼り合わせのベースデッキに
流れ止めを付ける方法をお伝えします。

3枚貼り合わせで同じ方法を試しましたが、今の所デッキが割れるなど
不具合が出ないので同じやり方で大丈夫だと思います。

それと、意外と重要な流れ止めを付ける位置ですが
最後部や雪板の中心線からずらした方が良いと思います。
雪板 流れ止め

何故かと言うと、流れ止めが最後部や雪板の中心線に有ると
流れ止めに衝撃が直で伝わって、最悪な場合
雪板が飛んで戻って来たり、外れて雪板が流れて行ってしまうからです。
左右どちらかに寄せて取り付ける事をお勧めいたします。



用意する物は

・3ミリの細引き(登山用品を売ってる所ならどこでも置いてます)
 切れないならヘンプコードや他の物でも代用出来ます。

・電動ドリル(太さ6ミリ)

・ライター

・ハサミ

1. 貼り合わせる前にベニヤの上3枚に6ミリの穴を開けます。
  
  あらかじめ穴を開けるベニア3枚の中心を揃えて
  ノーズ、テール側を仮のビス止めで固定すると、
  ずれる心配が無くなります。
  ここで穴の位置がずれると貼り合わせの時に悲惨です(笑)

2. ボトムに1番近いベニヤ(穴を開けた板の中で1番下になるベニヤ)に
  写真のような溝を作ります。
yukiita 流れ止め

  溝の幅は約6ミリ~7ミリ、ボンドで貼り合わせる部分以外は
  綺麗にする必要はありません、どうせ隠れます。
  ラワンベニアならカッター等で切る事が出来ますが、
  手を切らないようにして下さい。

3. 1枚目から3枚目まで穴の位置がずれないように注意しながら貼り合わせ
  
  貼り合わせるたびに仮止めで使ったビスの穴にビスが
  すんなり入るかどうか確認すれば、穴がずれる事はありません。

4. 3ミリの細引きを15㎝前後で切り、末端をライターで炙って
  ほつれないようにします。
雪板 流れ止め雪板 流れ止め雪板 流れ止め

5. 2つに折った細引きを穴に刺し、2本の先端を軽くライターで炙って溶かします。
yukiita 流れ止め

6. 溶けた先端を溝の先端に埋め込んで、上からスプーンなどの背を使って押しつけ圧着します。
雪板 流れ止め
 
  溶けて溝からはみ出た部分は、冷めてからカッター等で切り取り綺麗にします。
  溶けてはみ出た部分をそのままにすると、その部分が浮いてベニヤが貼れません。

7.残りの部分を溝に全て埋め込み、上からボンドを塗って最後のベニヤを上から貼り合わせます。
yukiita 流れ止め


完成するとこんな感じです。
yukiita 流れ止め


デッキテープ貼る時もデッキテープの位置を合わせて穴を開けると綺麗に貼る事が出来ます。


ただ穴開けてヒモ通すだけでも充分ですが
綺麗に作りたいでしょ、何となく(笑)




なるほど

参考になります、ありがとうございます。

今作ってるやつは穴二つあけて溝切ってパテで埋めました。
2011/01/19 20:02 |Taka #-URL[ 編集 ]

Re: なるほど

おいらもそのやり方しました。

雌ビスを埋め込んでしまうって方法も有りますよね。
2011/01/20 10:04 |chiyoshi #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © FANTA STICK all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。