上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰してました。色々と有りましたが、またここに落ち着きます。

ブログの引越しはしません。
遅くなりましたが、
ここ数年でfantastickと仲間達がみんなで熟成させてきた 下駄 と言う作り方を数回にわけて紹介します。

http://youtu.be/fCUuJbp2VJY

この動画の板は殆どが下駄タイプ

基本的構造はスノースケートと雪板(スノートイ)の良い所を合わせ持つ融合形です。
見るだけでは絶対にわからないので 秘密 を教えますw

下駄をキチンと作用させる為に理屈がわかれば、スノートイを作れる人なら同じ様に作れると思うので、是非作って見て下さい。

因みにこの説明はこう作らないと駄目だ!ではなくて、fantastickはこんな発想・作り方でスノートイを作ってますって説明です。

この記事を読んでくれた人が説明を読んで、自分が納得する部分を真似て、自分にとってより良い雪板・スノートイ制作に役立てて頂ければ幸いです
①何故、下駄なのか?

単純にパウダーでも圧雪でも簡単にコントロールしたいから。

➁アウトラインのエッジと下駄のエッジの違い。


スノーボードと違い板に足が固定されていないので力点(爪先・かかと)が足の外側にあるサイドカーブに荷重出来ません。

足裏の力点(母指球など)の下にある下駄のエッジだと足の固定に関係なく、テコの原理で上からプレッシャーがかけれるので、簡単にエッジングが出来ます。
※稀にその不可能を可能にする乗り手も数人知ってますが、やはり稀です。
③何でテーパド(ノーズが太く、テールが細い)した形になるのか。
・前足・後ろ足荷重での板の挙動と心理的発想
前足荷重時に板がフラフラすると怖くてスピードが出せません。

反対に、スピードが出過ぎたり前方に障害物が有ると、ビビって腰が引けて後足荷重になりますがコントロール性能が失われて更に危ない状態になります。

極端にテーパドした形状では前足に荷重した状態では安定、後足荷重で板を左右に傾けやすく曲がりやすくなり、エッジングも簡単になります。

スノーボードやスノースケートと違い、板を傾けただけで簡単に曲がるので、より直感的に操作出来ます。
・下駄の側面抵抗
下駄の側面に付く雪は抵抗になるのでパウダーでは下駄は基本的にスピードが遅くなるのですが、テーパドさせると雪が付かなくなり逆に速くなります。

・パウダーでの利点
フラットボトムと変わらないスピード、操作性が増して簡単に乗れる。
・堅い斜面での利点

エッジングが簡単に出来て、滑走面が細いので抵抗が少なく速い。

そしてビンディングがいらない。

長くなるから残りは後ほど

次はテンプレート作成前に決める事

製作時のヒントと注意点

製作時の良くある失敗

っす。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © FANTA STICK all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。