上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しいボトム形状の作り方です。
本当は新しくも無いのですが、最近またはまりました(笑) 


パウダーでは浮きやすく、固い斜面を水面のような感覚に、フラットボトム以上にヌルヌルして、傾けるとカッチリ噛む
そんな1本です。

スノースケートなら硬い斜面でも滑れるけどパウダーで埋まる。
雪板ならパウダー滑るけど、硬い場所が苦手。
それならお互いの長所を足して作ってしまえw

そんな発想がこのボトムを生みました。


実はこのボトム、雪板製作初期から作ってますが
どこがどう良いのか判断つかなくて、一つ一つ課題をクリアして、最近やっと簡単な製作方法と仕上がり(乗り味)をコントロール出来るようになりました。

乗り手の好みに合わせて作れるようになったって感じです。

このボトムの長所は
・硬い斜面でもコントロールが若干効く。
・エッジ付近の削りの調整で様々な乗り味を作る事が出来る。
・固めのザラメや薄いパウダー斜面を水面みたいな柔らかい感覚に変える。

この動画はすねパウ位の積雪ですが、踏み込んでターンしてるのがわかります。

テールをずらしてターンするのではなく、加重を推進力に変えて板を前に前に走らせる事でターンしてるのがわかりますか?

こんな滑りが割と簡単に可能になるし、スケートのパワースライドみたいな止まり方も勿論可能です。

最近試乗してくれた雪板に初めて乗った人もビンディング無いの忘れてたって言うほど、当たり前に乗れる雪板です。

作り方はウイングと基本同じでボトム面を入れて3~4段作ります。

ボトム面はこんな感じで作成


雪板のセンターライン上に後足を合わせて置いてノーズワイデストから母指球の下を通るように線を書きます。

こうするとボトムエッジに一番力が加わり、てこの原理で雪板自体も傾けやすくなります。

ウイング部分は削らないで段差を残すと雪の抜けが早くなりますが、なめらかに削ると切り返しが早くなり、驚くほど動くようになります。

次回は雪板のさらなる微調整の仕方を色々とUPしますね。
作るなら次の記事読んでからが良いですよ。
意外とこの方法は普及してない?みたいで、簡単にのりあじを変える方法をUPします。
バンクドスラロームで乗りやすい雪板出来ます。

次回のヒント 楽しみですね
アウトライン削って待ってます
2014/04/04 21:43 |ナ☆ベヲ #QjzkEOgsURL[ 編集 ]

Re: タイトルなし

うぉぉぉぉ!プレッシャーがぁぁぁぁぁ(笑)
2014/04/11 17:56 |chiyoshi #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © FANTA STICK all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。