上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aチャンネルの理論?説明です。


fantastickはこう考えるってだけで
もっと良いアイデアも実際あります。

ですが、Aチャンネルは確実に効果があります。
雪板やスノートイの制作の参考になれば幸いです。

汚い手書きのイラストでも説明しますが、センス無いから解りにくいかもしれませんがお付き合い下さい(笑)

Aチャンネルに落ち着くまで様々なチャンネル形状や深さ、エッジ(角)の有り無しなど散々試しました。
仲間も色々試してくれたお陰でこの理論が出来ました。


Aチャンネルは名前の通りボトム(ソール)のA型のチャンネル(凹み)の事です。


雪板にはビンディングが無いので想像通り板の操作が難しいですよね?
ソールがフラットなら尚更です。

しっかりと板の真上に重心を置かないとペロンと転びます。
何で転ぶのか?
バランスを崩すから!ではなくて、バランスを崩した時に雪板自体に雪面に対しての抵抗力が無いからです。

バランスを崩して雪板に真上から力が加わらないと雪板に斜めに力が加わり雪板は吹っ飛んでいきます。

面で乗れてる時


重心がズレた時



スノーボードならビンディングで板を傾けてエッジを抵抗力に、サーフボードならフィンが抵抗力を作って板が横方向にズレて行くのを防いでくれます。

それなら雪板にも抵抗力を作れば良いってのがチャンネル。

チャンネルにも色々ありますが直線的なチャンネルは直進安定性が増します。
ですが、雪板をズラす操作が難しい。

滑ってて板ずらしたい時(スライドターンしたい時)あるでしょ?

そこでサーフボードのフィンと同様にノーズからテール側に線を引いてA型のチャンネルが出来ました。


a型の利点はテール側のチャンネルのエッジが旋回時に雪面に対して斜めに当たり抵抗を後方に逃がすので

直線的なチャンネル


Aチャンネル


ズラしやすくスライドターンがしやすくなるのと、直進してる時にチャンネル部分でボトムが一度雪面から離れて雪面抵抗が無くなりスピードが増す、結果抵抗力も減り動きやすくなる。
ターンしてる時に雪板の傾きが減って重心がズレた時に抵抗を作り抜けを防ぐ効果があります。


チャンネルの先端部分のエッジを削って滑らかにすると見た目がキレイですが、雪面はボトムから離れる事無く流れて行くので、ソールに張り付き抵抗になり、ブレーキになります。


角を丸めたチャンネルはパウダーでしか効果が無く、角を残すと圧雪でも効きます。

ラインも外側に向かって若干ラッパのようなRがついてスライドターンする時に滑らかにズレるようにしました。

肝心な幅ですが、これには決まりがあって個々の足のサイズに合わせます。

人間の足は踏ん張る時に母指球に力がかかります。
なのでチャンネルのエッジが母指球の真下に有れば強く力を伝える事が出来ます!

雪板のアウトラインに後足を置いて、センターラインから母指球までの距離がチャンネルのテンプレートの幅に、ノーズから母指球に向かって引く線がA型のアウトラインです。


効きを強めるなら若干幅広く、回転性を上げるならテール寄りを広げます。

長さはスタンス間で後足に近づく程直進安定性が増し、前足に近づくほど回転性が増します。

これがテストした中で効率的に優れたAチャンネルで、後足から後ろのチャンネルアウトラインのエッジは削って丸めると更に動くチャンネルになります。


深さは2ミリで充分機能しますよ。
深すぎるチャンネルは直進安定性が有りすぎてズラす事が難しくなります。


現在Aチャンネルに代わるボトム形状を試していて、良好な結果が得られてます。

次回はその新たなボトム形状を紹介しますね。



コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © FANTA STICK all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。